美容と健康について絶対に知っておくべき重大事実

美容と健康

引越しの時には原状回復義務に気をつけよう

      2016/05/03

我が家が埼玉県から東京で住むことになった時、パソコンを荷物に入れパッキングするか悩みました。

自分たちには車があったので、主人が細かい荷物や必需品と同じくパソコンものせて新宿に持っていくこととなりました。

PCはどれだけ梱包しても、もしも、誰かが起動させてしまったとしたら、個人情報があふれているので、かなり心配だったからです。

ただ今、引越しのサカイは、ナンバー1の引越しシェアです、引越しのサカイ、イコール、パンダマークがトレードマーク。

その名の通り、本社は大阪府堺市。

すでに浸透している「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズも、他の大手引越し業者と比べて引越し料金が安く、作業が丁寧であるゆえ、多くのリピーターを獲得中です。

引越しだけに限らず、仕事をきっちりとやれる人は、段取りがうまいと言われます。

引越しに取り組む場合、どの順に積むかどの物をどの場所に収納するか等、意外と頭を使ういます。

そのため、引越し業者のスムーズな作業に惚れ惚れした経験のある方も多いのではないかと思います。

引っ越すにあたって、それまで暮らしていた家が借家の場合は原状回復義務というものが生じます。

この原状回復義務というのは、家を借りていた時につけてしまった傷や室内の壊してしまったものを住む前の状態に戻す為のお金を払う義務のことで、通常はその分を敷金から引かれて、残った分の敷金が返ってくるということになります。

引っ越しを終えると、最初にネット回線を開設しなければなりません。

これまで選んでいた会社を使うことが可能ならばいいのですが、引っ越し先次第では今使っている会社を使うことができない場合があるので、引っ越す前に調べておくことが重要です。

インターネット業者に質問してみると、知らせてくれる場合もあります。

引越しをすると、電話関連の手続きも不可欠です。

ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話だけの人は、携帯ショップにて住所変更を行うか、インターネットで変更するかだけであり、工事などは伴いません。

最近の若い人たちは、固定電話なしで暮らすことがほとんどです。

引っ越しの時の手続きの中に、転出届の申請があります。

ただ、そういった手続きが必要なのは新住所が異なる市町村の場合です。

同様の場合は、転居届の手続きが必要です。

申請を行うタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先がきまればすぐなど、市町村によっても同じではないので、早めに確認をするのが確実です。

業者へ引越しの依頼を行うと、見積もりを出してくれると思います。

たいていは問題ないのですが、一応確認をしておくことをオススメいたします。

その見積もりになかった内容は、追加で料金を取られるケースもあるのです。

何か分からないことがあるときには、できるかぎり契約前に、聞いてみてください。

家を移転する際、トラックを停止したり、荷物を通路に仮置きしたりするため、前もって隣の方に挨拶に行くのが世間の常識です。

車の出し入れや通行に差し障るので、前もって了解を得ておくと後々のトラブルも防止できます。

引越し会社に依頼した場合は、そのような事も代わりに行ってくれます。

引越をする場合、まず部屋の明け渡しをするときに金銭面での問題が発生することがあります。

明け渡し時にどういった費用がかかる可能性があるのか、弁償する場合とはどんなケースなのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと事前確認しましょう。

また、納得のいかないまま請求に及んだ場合には、支払わなければいけないものではない費用が含まれている場合もあるので、知識を正しく知っておくことが大切です。

引越し業者でメジャーな会社は、いろいろとございます。

有名な運送会社として日本通運などはとくにメジャーだと思います。

日本通運は、略して日通ともいいますよね。

日通は引越しだけではなく、古美の輸送なんかでもとっても有名で、業界シェアのナンバーワンとなっているのです。

なんとなく引越し荷物に関しても丁寧に扱ってくれそうな気がしますね。

姉が居住しているアパートから生まれ育った我が家に舞い戻ってくることになりました。

引越のため、私と母が、荷物を移動させる前日に引越の準備の手伝いに行きました。

10年住んでいた部屋に見合うだけ、不用品の数が計り知れない事になっていました。

使わないものを売ってしまうと、軽トラの荷台50%ほどになり、想像より楽に引越が終わりました。

転居において一番必要なものは小物を入れる箱です。

小物もきちんと整理して段ボールに入れておきさえすれば、転居の作業時間も大幅に短縮でき、スタッフも助かります。

ダンボールは引っ越しの会社がサービスでくれることも結構、ありますので、見積もりの時に確かめるべきでしょう。

引越しすることが決まって、住民票の移動は早めにしておくつもりでした。

まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人が引っ越しのその当日に、転入届を提出できるように日程を調整しておいて引越しを行いました。

ただでさえ引越しのときにはたくさん手続があって忙しいので忘れないようにリストにして計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。

東京から埼玉へ住まいを変えたとき、予定がタイトだったため、荷物をまとめるのが大変でした。

転居する日は決まっているのに、荷造りに追われるばかりです。

終わるのが間に合わなかったらどうしようかと不安でたまりませんでした。

最後は、友達に三千円で、ヘルプしてもらいました。

引越しをプロに頼む場合、布団の場合は、どうしよ?と考えている方も多いかもしれませんが、この場合、事前に確認しておくとよいでしょう。

ほとんどの場合、プロは移転当日、オリジナルの布団袋を持ってきてくれ、それに入れて汚れることのないように引越し先まで持って行ってくれます。

引っ越し業者の料金は、意外と割引になる場合が多いです。

私が引っ越した時もそうでした。

1人分の荷物しかないということで、軽のトラックで荷物を運ぶことになり、そのため値段も大きく割り引かれました。

また、荷物をまとめるのもほとんど自分で済ませたため、予定していたよりもずっと安くおさえることができました。

引越しを行うとなると、大量の荷物を入れた段ボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。

しばらくの間そういったことを行っていると、手のひらは真っ赤になります。

業者の方の手を見ると、きちんと軍手をはめています。

業者に頼むとしても、自分の軍手も絶対に必要だなと思います。

引越し業者に指示を受けると思いますが、引越し前日の夜には、冷蔵庫の電源は抜いておくべきでしょう。

抜く理由は、常温に戻して冷凍庫についた霜を溶かして、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことができるからです。

あらかじめこの処理をしておくことで、冷蔵庫を移動させているときに、他の荷物や床などをぬらしてしまうことを防ぐという効果があります。

引越しのため箱詰めしている時に予想外にも困るのがグラスの梱包の仕方です。

ガラス製品を梱包するにはまずは足の部分から梱包することが大切です。

パッキング資材とは絶対に専用のものである必要はありません。

家にある新聞紙やタオル等で問題ありません。

そのあとで、全体をしっかり梱包すれば、グラスが割れてしまうことなく運ぶことができます。

 - 美容と健康の秘訣